【アグニー】食事のたびに賢くなる!?ベビー食器!パパ・ママが選ぶ本当にもらって嬉しい出産祝い!

特集

こんにちは!

今回は、出産祝いにおすすめのagney*(アグニー)食器セットを紹介します。

出産祝いを考えている人の中には、

  • おしゃれで喜んでもらえる物を贈りたい
  • 長く使ってもらえる物ってなんだろ?

と思っている人も多いと思います。

そんな時におすすめしたいのが、食器セットです。

我が家も2人の子供がいて、いろいろとお祝いをいただきましたが、振り返ってみると1番長く使っている物の1つのが、子供用の食器です。
だからこそ、ちょっと良い物をお祝いでもらえると、とても嬉しいものです。

また、長く使う物だからこそ、デザインや品質にもこだわってあげると、より喜んでもらえるプレゼントになるでしょう。

今回はそんな長く使えて、高品質な食器セットを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ベビー食器の選び方はこちらをチェック!
スポンサーリンク

アグニー ジグソープレート

今回紹介するのはこちらのアグニーのジグソープレートです。

こちらは、以前に私が実際に出産祝いとして贈ったもので、非常に喜ばれました。
後日、プレゼントした家に遊びに行った時に、当たり前のように使っているのを見ると、プレゼントして良かったなぁという気持ちになりますよね。

まず何が良いかって、、、とにかくおしゃれで可愛い(*´▽`*) 
贈った相手も同じことを言っていました。

木目のデザインで、この食器を使うだけで食卓がおしゃれになること間違いなしです!

多彩なレイアウトパターン

ジグソープレート1セットで可能なレイアウトパターンは120以上あります。パズルのようなジグソープレートを使うことで、子供の想像力や創造力が鍛えられます。この2つの力は多くのパパ・ママが子供に鍛えてもらいたいと思っているはず!

また、子供は2歳頃になると個人差はありますが、嫌々期が始まります。毎日何するにも「イヤ!」と言われ、パパ・ママも困ってしまうことが多々あるでしょう。

その中でもどの家庭でも苦労するのが、子供のご飯なんです。「まだ、遊ぶからごはん食べない!」「大きいから(熱いから)食べない!」など様々な理由を付けてご飯を食べることを拒否する子供も多いんです。

そんな時でもこの食器を使って、「今日はどんな形にしようか?」と親子でレイアウト考えることで、食卓が楽しいものになることでしょう。子供は、食卓が楽しいと思えれば、進んで席に座るようになります。

天然素材で作られた安心製品

こちらの食器は天然の孟宗竹という竹で作られています。

子供の食器は、早ければ生後半年頃から使うものですから、もちろん身体に害のない素材で作られた物を使いたいですよね。

また先述のとおり、子供用の食器って意外と買い替えないものですよね。長く使うものだからこそ、余計に素材にはこだわりたいと思っているパパ・ママは多いはずです。

その点、天然素材で作られた物は安心して毎日使えますから、もらった相手も喜んで使ってくれるでしょう。

その他のポイント

食洗器対応

これは、小さいお子さんがいる家庭では必須の機能でしょう。

名前入れが可能

プレートとスプーン、フォークにお名入れが可能です。名前を入れてあげて、特別感を出してあげてください。※お名入れは有料です。

各プレートで使用が可能

こちらのジグソープレートは3枚1セットですが、1枚ごとに使うことも可能です。

子供が小さいうちは1枚、大きくなるにつれて2枚、3枚と増やすことで子供も自身の成長を感じることができるでしょう。「プレート3枚分完食できたら、お兄ちゃんだね~」と言って、子供が食事したくなる環境を作ってあげてください。

また、共働きの家庭が増えている中で、毎日3品用意するのは意外と大変ですよね。たまには、2品もしくは1品にして、お母さんも楽してみては?

量が足りなければ、お代わりしてもらいましょう!笑

電子レンジ不可のため注意

こちらは、電子レンジで温めることはできませんこれは、高温加熱により表面の塗装に影響があるためだそうです。

子供の食事はまとめて作って、冷凍することも多いと思います。その場合、この食器を使っての解凍はできませんので、注意が必要です。

まとめ

どうだったでしょうか。

上記のとおり、電子レンジが使えないことのデメリットはありますが、それでも子供がご飯を楽しみにするようになり、なおかつ安心の素材で長く使えるアグニーのジグソープレートぜひプレゼントしてみてください。

おしゃれで可愛いデザインで、喜ばれること間違いなしです。

また、アグニーからは、今回紹介したもの以外にも天然素材の食器が色々とあります。

ご予算に応じて、検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました