2人目、3人目の出産祝いの注意点と喜ばれる物!

渡す相手から選ぶ

今回は、2人目以降の赤ちゃんが産まれた人に出産祝いを贈る際の注意点と本当に喜ばれるプレゼントを紹介します。

2人目以降の出産祝いについては後述のとおり、1人目にはない注意点や喜ばれるポイントがありますので、意識してプレゼント選びをしましょう。

スポンサーリンク

2人目以降の出産祝いを選ぶ際の注意点

必要なものは基本的に揃っているという前提で

1人目と2人目以降で大きな違いは、2人目以降の場合1人目のおさがりが使えるということです。2人目以降の予定が元々無かった等の事情がない限り、1人目のとかに使った物が残っていると考えた方がいいでしょう。

特に、以下のものはお下がりが残っている場合がほとんどです。

  • 肌着
  • スタイ
  • ガーゼ
  • 洋服

これらのプレゼントはもらっても持て余してしまうことが多いので、避けた方が無難でしょう。ただし、肌着ならオーガニックコットン100%の赤ちゃんの肌に優しいものや自分では手が出せない少し高い服など、日常使いできるけど、質の高い物は喜ばれるのでプレゼントするのは有りでしょう。

1人目と同じ物を贈るのは避けよう

2人目以降のプレゼントの場合、1人目と同じものを贈るのは避けるというのがマナーと言われています。1人目と同じプレゼントを贈られた場合に、人によっては手抜きと捉えられる場合もあるようです。相手から気に入ったという話がある場合以外には、1人目と別のプレゼントを考えるのが無難かもしれません。

1人目にあげてない場合は?

タイミングが合わずに、1人目にプレゼントをあげなかった場合、2人目だけあげるのはどうかと悩む人も多いと思います。結論としては、1人目にあげてないことは気にせずにプレゼントを贈りましょう。さらに、1人目の子の誕生日プレゼント等も合わせて贈るとより喜ばれるでしょう。誕生日が近くない場合でも「1人目の時にあげられなかったから」と一言添えてプレゼントを贈りましょう。

ただし、1人目が産まれて以降の知り合いであれば、無理に贈ることもありませんが、上の子の気持ちを考えると、できれば一緒にプレゼントする方が望ましいでしょう。詳しくは後述します。

上の子のことも考えて

兄弟、姉妹が産まれると、パパもママも何かと下の子に付きっきりになることが多く、上の子が寂しい思いをする場合も多いです。それが原因で「赤ちゃん帰り」ということもあります。上の子に出産祝いをあげている、あげていないに関わらず、あまり高いものでなくて良いので、何か少しプレゼントがあると良いでしょう。

名入れで特別感を

先述のとおり、2人目以降の場合洋服やスタイなどはおさがりになる場合が多いと思います。新品の名前入りの特別なものを贈ってあげましょう。その場合には、日常的には買えない質の良いものにしてあげるとさらに良いですね。

2人目以降に喜ばれるプレゼントの実例

兄弟、姉妹お揃いのお洋服
(リンクコーデ)

兄弟姉妹へのプレゼントで最初に考えるのはお揃いのお洋服でしょう。兄弟二人でお揃いの洋服を着ているだけで、たくさん写真を撮りたくなっちゃいますよね。

取り扱いサイズ:70cm~75cm

取り扱いサイズ:80cm~120cm

これなら、上の子が寂しい思いをすることもありませんし、1人目に出産祝いを贈っていなかった場合でもプレゼントできます。

Combimini(コンビミニ)なら同じ洋服をサイズ違い(80cm~120cm)で購入することができますから、お揃いコーデのプレゼントにおすすめです。

上質な日用品を

おさがりで対応できちゃう日用品を贈るなら、普段買えない上質なものを贈りましょう。私のおすすめは赤ちゃんの肌に優しいオーガニックコットンのプレゼントです。赤ちゃんは何かと肌トラブルが多く、特に直接肌に触れる物は素材にこだわりたいと思っているパパ・ママは多いものです。ただ、赤ちゃんが産まれると何かとお金がかかるもので、日常使いの物にそこまでお金をかける余裕がない家庭も多いでしょう。

ですから、プレゼントは「もったいなくて使えない」と言われるようなものを贈ると喜ばれるでしょう。

消耗品のおむつケーキ

やはり、消耗品のおむつケーキは誰がもらっても嬉しいものですよね。我が家もそうでしたが、2人目が産まれても、まだ上の子のおむつが取れていないこともありますから、その場合毎週のようにおむつを買いに行くことになります。

そんな時に、おむつをもらえるのはとっても嬉しいものです。

食器セット

食器セットは、長く使える物ですので、2人目が産まれたからといっておさがりにはできませんから、喜ばれるでしょう。我が家でも2人とも出産祝いでいただいた食器を今でも使っています。

長く使ってもらえるものという目線で選んでみましょう。

ママを助けるプレゼントを

少し思考を変えて、ママに向けてプレゼントを贈るのも喜ばれるでしょう。今までは、上の子のお世話だけで良かったものが、2人を同時に見ることになり、育児の大変さは2倍、3倍にもなります。また、その間に家事をしたりと、ママは一日中大忙しになってしまいます。そのため、ママの疲れを癒すルイボスティーだったり、時短家具のハンドミキサー等は本当に喜ばれると思います。

育児が大変になるママを助けてあげましょう。ただ、その時でも2人の赤ちゃんにちょっとしたプレゼントがあった方が良いでしょう。

プレゼントに迷ったらカタログギフトを

迷って、何を贈ったらいいかわからない時にはカタログギフトがおすすめです。カタログギフトはいくつか種類がありますから、予算によって選びましょう。また、物によっては2、3種類選べるものもありますから、1人目に贈っていない人でもまとめて済ませることもできますね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は2人目以降の赤ちゃんに贈る際の注意点と喜ばれるプレゼントを紹介しました。

2人目以降のプレゼントを考える際に大切なことは、おさがりにできる物と出来ない物を考えることです。おさがりは当然に用意してあるものと考え、その他のおさがりに出来ない物を中心に考えるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました