【これさえ読めば完璧!】出産祝いに贈るベビー服の選び方と注意点を徹底解説!

贈るものから選ぶ

今回は出産祝いにおすすめのベビー服の選び方を徹底解説します。

 ・「出産祝いにベビー服を贈りたいけど、もらう側としては実際どうなの?」
 ・「子供がいないから、ベビー服の選び方のポイントがわからない。」
といった悩みを持っている人も多いと思います。

例えば、出産祝いで「もらって嬉しかったもの」「嬉しくなかったもの」をランキング形式で紹介しているサイトを見ると、どちらにもベビー服が入っていることも多いですよね

そんなサイトを見ると、
 ・「ベビー服を贈るのは実際どうなの?」
と思う人も多いでしょう。

私の結論は

贈って良いんです!

ただし、選び方のポイントがあります!

この記事では、その選び方のポイントを私の実体験を踏まえて解説します。
また、最後に個人的な意見もありますので、ぜひ参考にしてください。

それでは早速行きましょう!

スポンサーリンク

ベビー服の選び方のポイント①(サイズ編)

サイズと季節感に注意

これが一番大事です!

ベビー服のサイズ表は以下の通りです。

月齢新生児3か月6か月1~2歳2~3歳
ウェア
サイズ
50cm60cm70cm80cm90cm

ここから、サイズと季節感に注意して選ぶことが大切です。

これは私の実体験ですが、うちの子は1月産まれでした。
ある友人は1月にベビー服売り場に行って、70cmの冬物のアウターをプレゼントしてくれました。
とーっても可愛かったんですけど、70cmがちょうど良くなるのは7月~11月頃でしたので、12月にちょっとパツパツだなぁと思いながら少しだけ着せて終わってしまいました。

どんなに可愛くても、サイズがあってなければ着せることができませんから、サイズと季節感を考えて選ぶのが一番大切です。

このサイズならいつから着れるかを逆算して、選びましょう!

小さいサイズのベビー服は避けた方が無難

サイズ表の通り、50cmや60cmは3か月程度しか着れる期間がありません。
すぐ着れるからとプレゼントする人もいますが、着る期間が短いのでもったいない気がします。

また、贈られる側の立場として、おすすめしない理由が2点あります。

・すぐに必要になるサイズは、既に必要枚数分用意している
・着ているところを見せられない

まず、すぐに必要になるサイズや現に必要なサイズの服は既に必要な枚数用意している場合がほとんどでしょう。
そのため、新たにベビー服をもらってもあまり喜ばれない場合が多いでしょう。
特に肌着は注意が必要です。
肌着は3~5枚セットになっている物も多く、出産前にたくさん買いそろえる人がほとんどです。

もう1点は、贈ってくれた人に着ているところを見せづらいという点です。
洋服をいただいたら、直接会う、もしくは写真などで、
「ちゃんと着てるよ~」「こんなに可愛く着てるよ~」
というところを見せたいですよね?

私の個人的な意見としては、見せたいですし、見せるのが贈ってくれた人へのマナーかな?とも思います。
※あくまで個人的な意見ですので悪しからず。笑

なので、個人的なおすすめとしては、半年後以降に着れる75cmもしくは80cmとかがおすすめです。
他の記事でもやっぱり80cmがおすすめと書いてあるものが多いです。

個人的には少し大きめのサイズが嬉しいです

すぐ着れるサイズを選ぶなら付加価値を付けて

それでもすぐに着れるサイズをということであれば、付加価値を付けて、少し特別なものを贈りましょう。

特別な物ってどんなもの?

1つは、例えばブランド物などの高級な物です。
自分の好きなブランド物の服をもらえれば、すぐにでも着せたいと思うパパ・ママも多いでしょう。
また、子供の服はすぐにサイズアウトしてしまうことを考えると、日常的にブランド物を着せるのは難しい家庭がほとんどでしょうから、もらえるととっても嬉しいですし、特別な物になりますね。

また、もう1つはオーガニックコットンなどの誰にでも喜ばれる付加価値もおすすめです。
赤ちゃんの肌に優しいオーガニックコットン素材の製品であれば、積極的に赤ちゃんに着せたいと思ってもらえるでしょう。

上記の2点のように、
「自分で用意したものよりこっちを着せたい」
と思えるものを贈りましょう。

ベビー服の選び方のポイント②(デザイン編)

シンプルなデザインが無難

続いては、デザインについての注意点です。

まず、1つはなるべくシンプルなデザインのベビー服を選びましょう。
周りのママ友に聞いても
「派手な柄物やキャラクター物で、自分の好みに合わなかったので、あまり着せなかった」
といった声もありました。

よっぽど親が柄物が好きとか、特別に好きなキャラクターがあるといった場合以外はシンプルなデザインを選んだ方が、気に入ってもらえる可能性が高いと思います。

特に周りのママ友に人気だったのが、大人顔負けのシンプルなデザインのベビー服でした。
無地のTシャツなどのシンプルな洋服を着ていると、背伸びして大人になろうとしている感じがして、とっても可愛いんですよね。

男の子も女の子もどちらも着れるデザインがおすすめ

また、迷ったら男の子でも女の子でもどちらにも着せられるようなデザインの物がおすすめです。
ベビー服は80cmを贈っても1年程度しか着れません。
しかも、着れる期間が短い割には、生地がしっかりしており、お下がりとして次の子に着せられる場合がほとんどです。

特に1人目の子へのプレゼントの場合には、2人目・3人目の可能性がありますから、次の子にお下がりで着せられるように、性別を選ばない服をプレゼントすると2倍喜ばれるでしょう

シンプルで性別を選ばない服が喜ばれるポイントです!

ベビー服の選び方のポイント③(プラスαの気使い)

出来れば最高の細かい気使い

絶対に守ってほしいわけではないですが、出来れば最高の細かい気使いとしては以下の2点があります。

・迷ったらボタンやフードが付いているものを避ける
・脱がせるのが大変な服には、股下のボタンが欲しい

ボタンや襟なしの物が嬉しい理由は、保育園に着ていけるためです。
これは正直、どんなシーンで着てほしいかにもよりますね。
具体的には、特別なお出かけの時に着てほしいと思ってプレゼントする場合には特に意識する必要はありません。
ただし、日常的に使ってもらいたいのであれば、意識してプレゼントしましょう。

保育園では、保育士さんの負担軽減を考えて、ボタン付きの服はNGの場合が多いです。
また、フードや襟付きの服は遊んでるときに引っかかってしまう可能性があることから、こちらもNGの可能性が高いです。
家庭にもよりますが、80cmが着れるようになる1歳頃から保育園に入れることもありますから、出来れば、保育園にも着ていける服であるともらった方としては嬉しいでしょう。

また、脱がせるのが大変な服には、股下のボタンがあるのがとっても助かります。
これは、例えばオーバーオールなどの上下一体になっている洋服の場合ですが、こういった服は可愛いんですが、おむつ替えがとってもめんどくさいんです。
おむつ替えのたびに、全部脱がせなければならず、めんどくさくて着せなくなった人多いでしょう。

上下セットの服を選ぶ場合には、股下のボタンを確認してください。

ちょっとした気使いで、ワンランク上のプレゼントにしましょう!

個人的な意見

※ここから4つは本当に個人的な意見ですので、参考程度に見てください。

プチプラは出来ればやめて

できれば、プチプラすぎる物は避けてほしいかなぁと思います。
いや、西〇屋なんかのプチプラでも可愛い物は本当に多いんですよ!
実際、私もヘビーユーザーです!

ただ、お祝いとなるとちょっと違うと思うんですよね。
例えば、これが20代前半でお互いお金がないから、プチプラの洋服をいくつか贈って、内祝いはいらないよ、というのであれば、ありだと思います。
でもそれ以外の場合にはできれば避けてほしいと思っている人も多いと思います。

せっかくのお祝いですから、日常的に自分では買えないような物をプレゼントされた方が嬉しいですし、内祝いを選ぶ時にもある程度の値段の方が選びやすくて助かりますね。

伸縮性のない服は子供が嫌がる

特にズボンですが、ある程度の伸縮性がないと子供が動きづらく、着せようとすると嫌がることがあります。
例えば、デニム生地のズボンやオーバーオールなんかがそうです。

最悪なのは、デニム生地でお腹回りを紐で締めるタイプのズボンです。

最近では、デニム生地でも伸び縮みする物がありますから贈る前に伸縮性をチェックしましょう。

厚手の長袖がおすすめ

個人的に便利で嬉しかったのは、下のような厚手のもこもこの長袖でした。

冬場の部屋が暖まるまでの時間や病院などの急なお出かけの時に重宝していました。
いただいた出産祝いで勝手にランキングを付けるなら、間違いなくベスト3に入りますね。

同じように子供の防寒対策なら、タオル生地のおくるみもありますが、おくるみだと子供が動けなくて嫌がるので、自由に動き回れるこちらを良く使っていました。
これなら、よちよち歩きをするようになっても、動き回れるので、子供も嫌がらずに着てくれていました。

こちらも少し大きめを贈るのがポイントです。
普段の洋服の上から着るので、ぴったりサイズだと、パツパツで着せるのが大変です。
また、1歳頃までは立って歩いたりはしないので、少しくらい大きくても心配する必要はありません。

我が家は、確か90cmをいただいたと思います。
我が家の場合には、少し遅れた出産祝いとしてもらった気がするので90cmでしたが、こちらも80cm以上であれば問題ないと思います。

迷ったら薄手の長袖

ここまで読んでも何を贈ったらいいかのイメージが付かない人は、薄手の長袖がおすすめです。

理由としては、一番着れる時期が長いからです。
春秋は、薄手の長袖1枚でお出かけができますし、冬は重ね着することができますから、通年着ることができます。
そのため、サイズを選ぶ際も季節感をあまり心配することなく選べますので選ぶのが楽ですね。

また、贈られた側としても、1枚で通年着られる服がもらえると使い勝手が良く、とても便利です。

迷って決められないようであれば、検討してみてください。

2人目への出産祝いならお揃いコーデがおすすめ

最後に2人目に贈る出産祝いの場合には、お揃いコーデもおすすめです。

2人目への出産祝いの時には、相手に喜んでもらえる物はもちろんですが、上の子の気持ちも考えてあげる必要があります。
「赤ちゃん返り」という言葉があるように、2人目が産まれた直後は、パパもママも下の子に付きっ切りになってしまうことも多く、上の子が寂しがる時期です。

そんな時に、下の子へのプレゼントの中から自分へのプレゼントが出てくれば、寂しさも和らぐことでしょう。
そんなプレゼントをぜひ贈ってみてください。

おすすめのお揃いコーデはこちらをチェック!

まとめ

いかがだったでしょうか。

ここまで読んでもらえれば、喜ばれるベビー服とそうじゃない物がわかったのではないでしょうか?

ベビー服が、出産祝いランキングで嬉しかった物にも嬉しくなかった物にも入っているのは、サイズや柄等で間違った選び方をしていることが原因です。

正しく選べば、これほど喜ばれるプレゼントもないですから、ぜひプレゼントしてみてください。

その他のおすすめの出産祝いはこちらをチェック!

コメント

タイトルとURLをコピーしました