出産祝いの「のし(熨斗)」の選び方、書き方を徹底解説!

選ぶ前に読むもの

皆さんは、お祝いの「のし(熨斗)」の書き方で悩んだことはありませんか。
「のし(熨斗)」にはマナーがありますから、出産祝いの際にも失礼がないようにしたいですよね。

この記事はこんな悩みがある人におすすめです。
 ・「せっかくのお祝いごとだから、失礼なことをしたくない。」
 ・「水引の種類は色々あるけど、どれを選べばいいの?」

 ・「表面はどう書いたらいいの?」

お祝いは頻繁に贈るわけではありませんから、覚えていないという人も多いですよね。
この記事で、最低限のマナーを抑えたうえで、プレゼントを贈りましょう。

なお、現金を贈る場合のご祝儀袋の「のし」も同じ考えで大丈夫です。

スポンサーリンク

「のし」の書き方(結論)

① のし(熨斗)
紙を六角形に折った飾り物。本来はこの飾り物を「のし(熨斗)」、紙全体をのし紙という。

② 水引
お祝いに用いられる飾り紐のこと、本数・結び方ともに種類が多数あるが、出産祝いの場合には、赤白の5本の蝶結びを選べばOK。

③ お祝いの名称
「御出産御祝」もしくは「御祝」と書くのが一般的。
これは縁起が悪い、「四(死)文字」を避けるためである。
最近ではそこまで気にしない人も多く、「御出産祝」や「出産御祝」と書くことも増えているが、まれに気にする人もいるので注意が必要。

④ 名前
ここには、贈り主(あなた)の名前を書きます。
楷書で筆もしくは筆ペンで書きましょう。
名字のみ書いてすっきりさせるのが一般的。
お祝いの名称よりも気持ち小さめに書くのがポイント。
ただし、親族の場合などで同じ名字の人が複数いる場合などはフルネームで書くこともあります。
※職場や連名など特殊な場合の書き方は、下で解説します。

水引

水引の色

出産祝いの場合には、一般的なお祝い用である、赤白を選びましょう。
その他に、結婚祝いや結納に用いられる金銀、お供えや香典に用いられる白黒などたくさんの種類があります。

水引の本数

出産祝いによく用いられるのは5本です。
その他に主に結婚祝い等で用いられる7本、結納で用いられる10本が一般的です。
多くの場合、5本または7本が用いられるのは、御祝い事には奇数が適していると言われているためです。
※なお、10本は5本を2つ合わせたものと考えられています。

ただし、御祝いの種類によって本数を決めなければならない決まりはなく、贈る品の金額に合わせて本数を選択して構いません。
それでも出産祝いの場合には、特別に豪華なプレゼントを贈る場合以外は、5本を選択するのが無難です。

水引の結び方

出産祝いの場合には、「蝶結び(花結び)」を用いるのが一般的です。
これは、「蝶結び」は簡単に外したり、結び直せることから、「何度あっても良い御祝い」という意味が込められています。

逆に、結婚祝いや香典などの不祝儀等の「何度もあっては困る」ものには「あわじ結び(あわび結び)」が用いられます。
※ただし、関西の場合にはどんな祝い事にもこの「あわじ結び(あわび結び)」が用いられます。

名前の書き方

個人で贈る場合の書き方

先述のとおり、個人で贈る場合には名字のみを書いて、すっきりさせるのが一般的です
ただし、家族に贈る場合などは、全員佐藤だと誰からのプレゼントかわからなくなってしまいますので、フルネームで書くようにしましょう。
その際、お祝いの名称よりも少し小さめに書くのがポイントです。
また、間違ってもここに贈り先(相手)の名前を書かないように気を付けましょう。

夫婦で贈る場合の書き方

夫婦で贈る場合には、旦那さんのフルネームを真ん中に書き、奥さんは名前のみを旦那さんの左側に書きましょう。
ポイントは、全員のフルネームを書かないことです。
1人目のみフルネームを書きますので、間違えないようにしましょう。

また、子供がいる場合には、奥さんの左側に名前のみを書きましょう。
ただし、「のし」に書く名前は3人までにするのがマナーです。
子供が2人以上いる場合には、旦那さんのフルネームの左側に少し小さい字で「他 家族一同」と記載しましょう。

友人のグループで贈る場合

友人などで連名で贈る場合は、両者に序列がなければ左右対称に書きましょう。
この場合、右から50音順で書くのがマナーです。
年齢等で序列がある場合には、序列の高い人を真ん中に書き、左側に他の人の名前を書きましょう。

また、家族の場合同様「のし」に名前を書くのは3人までに収めるのがマナーです。
3人を超えてしまう場合には、表書きは「友人一同」とし、別紙に贈り主の名前を書いてプレゼントの中に同封します。

職場から連名で贈る場合

職場から連名で贈る場合には、会社名や部署名で贈るのが一般的です。
その場合、具体的に誰からのプレゼントなのかわからなくなってしまいますので、別紙として、一同の名前を記載したものを同封する必要があります。
別紙は、偉い人から順番に右から書いていきましょう。

ただし、3名以下で贈る場合には、表書きに直接名前を書いて構いません。
その場合にも、一番偉い人を真ん中に書き、その左側にその他の人を書きましょう。

また、同僚で贈る場合など、職位に差がない場合には、友人同様50音順で記載するのがマナーと言われています。

外のし?内のし?

外のしとは?

外のしとは、プレゼントを梱包した後に、その外側に「のし」を付けることを言います。
最終的には一番外側に「のし」がきますので、「のし」が見える状態でプレゼントを渡すことになります。

内のしとは?

内のしとは、プレゼントの箱に直接「のし」付け、その後に梱包することを言います。
最終的には、梱包紙が一番外側にきますので、プレゼントを渡す際に「のし」は見えません。

外のしと内のしどっちがいいの?

直接渡すなら「外のし」、郵送で贈るなら「内のし」が良いでしょう。
これは、「のし」は贈り物を豪華に飾るものですから、基本的には一番外側にあった方が良いものです。
ただし、現代では出産祝いはママの負担を考えると郵送で贈るのがマナーと言われています。
郵送で贈った場合には、せっかくの「のし紙」が汚れてしまう可能性がありますから、それを防ぐために「内のし」で贈る場合が多くなっています。

その他のマナーはこちらをチェック!

リボンを付けた場合「のし」は必要?

結論から言うと、リボンを付けた場合「のし」は不要です。
最近では、「のし」の代わりに、リボンで可愛くラッピングをする人が増えてきています。
この場合、「のし」を付ける必要はありませんが、誰からのプレゼントか一目でわかるように、メッセージカードを一緒に沿えて贈りましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

「のし」は日本人なら知っておきたいマナーの1つですが、出産祝い自体頻繁に贈るものではありませんから、覚えていない人が多いですよね。

せっかくの御祝いで失敗しないためにも、よく確認してプレゼントするようにしましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました